サッカーの練習メニュー ワンツーコンビネーションドリル

ワンツーコンビネーションドリル

どんな練習メニュー?

動きのある流れの中でワンツーパスをする練習。

①練習するうえで心がけること
 ・パスのスピードを落とさずに、動いている相手の足元へ正確にパスすること。
 ・動いてパスをもらう際にはパスが欲しい場所、タイミングを声で明示してやること。

②練習の目的
 ただ、パスの精度を上げると共に、パスを出し動いてもらう一連の流れをスムーズに行えるようにする。

  • 1
    AがBへパスし、A1へ走る。
  • 2
    BはボールをダイレクトでAへ落とし、コーンを回りこんで走る。
  • 3
    Aは落とされたボールを、コーンを回りこむBへパス。その後、Bが元いた場所に待機する。
  • 4
    Bはボールを受け、ダイレクトでCにパスし手順1と同様に繰り返す。
  • 5
    手順1〜4を何周か事前に決めた回数実施する

コメント 0 件

まだコメントはありません。
このメニューについて
作成者 toshiaki_n
公開日2014年8月15日
更新日2015年4月19日