硬式テニスの練習メニュー スライスとドロップのみ行うミニテニス

スライスとドロップのみ行うミニテニス

どんな練習メニュー?

一般的に行われているミニテニスは基本的にはスピンショットとスライスが主ですが、今回紹介する練習メニューではスライスとドロップショットのみを使用して行います。

練習の目的

スライスとドロップショットの上達の為の練習メニューです。
初心者・中級者向けです。
球出しやベースラインからのラリー中にスライスやドロップショットを練習しても良いですが、ミニテニスの中で行うことにより下記のメリットがあります。

1. 球数が多く打てる
2. 球の感触を得やすい
3. 力の調整が容易

ミニテニスで打つときとベースラインで打つときの距離は違いますが、ミニテニスで練習を行った後にベースラインからスライスやドロップショットをトライしてみると、タッチの感覚が掴めているため思っているところに落としやすくなります。

  • 1
    基本的にはスライスでラリーし、不意を狙ってドロップショットを打ちます
  • 2
    ボレーは禁止です

1. しっかり足を動かして打ちやすい位置に入る
→ミニテニスの中だと足がしっかり動かなくなりがちですが、スライスショットもそうですがドロップショットはしっかりボールの打ちやすい位置に入らないと思った距離感で打てないため足を動かすことを意識します。

2. 積極的にスライスでは深め、ドロップショットではノータッチを狙っていく

3. スライスを打つときとドロップを打つときの一連の流れをできる限り近づける
→2とも関連してポイントをとるためには相手に察知されてはいけないので、打つ瞬間までどちらかわからないよう心掛けて打つようにします。


コメント 0 件

まだコメントはありません。

【硬式テニス】の練習メニューをランダムで表示します。 練習メニューに困ったときにおすすめ!

このメニューについて
作成者 toshiaki_n
公開日2016年8月27日
更新日2016年8月27日