バドミントンの練習メニュー スカッシュラケットを使ったトレーニング

スカッシュラケットを使ったトレーニング

どんな練習メニュー?

バドミントンのラケットよりも50〜100g重いラケットを使った、手首を重点的に使うバックハンドのトレーニングです。

練習の目的

重いラケットを使って手首に負荷をかけることで、手首の筋力を鍛える

  • 1
    ノッカーは手でプレイヤーのバックハンドの打点に向けてシャトルを投げます。プレイヤーは相手コートのエンドライン付近までシャトルを低く返します。

なるべくバドミントンと同じペースでシャトル出しをすることで、バドミントンのラケットに戻った時に楽にシャトルを飛ばせるようになります。


コメント 0 件

まだコメントはありません。
このメニューについて
作成者 すけがわ
公開日2016年7月18日
更新日2016年7月18日