硬式テニスの練習メニュー サイドから逆サイドに振られる練習

サイドから逆サイドに振られる練習

どんな練習メニュー?

手出しで両サイドに振られる練習です。1球前にコースをつかれ、返球した球をさらに逆サイドに打たれたという想定です。そのためスタート地点がサイド寄りになっています。

練習の目的

両サイドに振られることでフットワークの練習と、ぎりぎり届くときにどのコースにどう返すかを考える力をつけられます。

  • 1
    手出し1人、プレイヤー2箇所に分かれます。
    コーンをシングルスのサイドラインからラケット1本半くらいのところに置き、選手はその後ろに並びます。
  • 2
    コース厳しめに手出しします。
    ただし、相手コートから打たれたことを想定しそれに見合ったコースに出しましょう。
  • 3
    逆側の選手は出されたタイミングで追います。
  • 4
    コースは自由です。
  • 5
    打ったらすぐに後ろに下がり並びます。
  • 6
    今度は反対側のコースに手出しします。
  • 7
    それを追いかけ
  • 8
    バックで自由なコースに返します。
  • 9
    そのまま後ろに並び直し、2に戻ります。
    説明のため選手は2名しかいませんが、
  • 10
    複数名で周回できます。

コメント 0 件

まだコメントはありません。

【硬式テニス】の練習メニューをランダムで表示します。 練習メニューに困ったときにおすすめ!

このメニューについて
作成者 Levelop事務局
公開日2016年3月5日
更新日2016年5月25日