バドミントンの練習メニュー フォアとバックのヘアピンの練習

フォアとバックのヘアピンの練習

どんな練習メニュー?

手の出し方の練習です。ネット際に出されたのをフォア側はフォアかバックのヘアピンで、バック側はバックのヘアピンで返します。(協力:会津シャトル様)

練習の目的

ネット際に出されたのをヘアピンで返します。手の出し方を意識して練習しましょう。個人によってシャトルを出す速さや落とす場所を変えるとより効果的です。

  • 1
    シャトル出しはネット際の両サイド、プレイヤーはサービスラインのセンターに立ちます
  • 2
    ネット前に手出しします
  • 3
    プレイヤーはそれをフォアかバックのヘアピンで返します
  • 4
    フォアのヘアピンのイメージです
  • 5
    バックのヘアピンのイメージです
  • 6
    プレイヤーはセンターに戻り、逆サイドのシャトル出しが手出しする
  • 7
    プレイヤーはそれをバックのヘアピンで返します
  • 8
    この時のフォームのイメージです
  • 9
    それを交互に20球繰り返します

コメント 0 件

まだコメントはありません。
このメニューについて
作成者 Levelop事務局
公開日2015年10月19日
更新日2015年10月22日