硬式テニスの練習メニュー 浅い球からのポイントの取り合いの練習

浅い球からのポイントの取り合いの練習

どんな練習メニュー?

攻める側はアプローチショットから、球出し側はそれを凌ぐことからゲーム形式になる。攻める側はしっかりポイントを取りにいく練習、守る側は相手が決めづらいコースに打って凌ぐように意識する。

練習の目的

ラリー中に浅くなった相手の球をしっかりアプローチからポイントを取りにいく練習と、浅くなってしまい打ち込まれた相手の球を凌ぐ練習になる。

  • 1
    球出しはセンターに浅い球を出す
  • 2
    プレイヤーはそれをアプローチで好きなコースに打つ
  • 3
    そこからゲーム形式
  • 4
    球出し側は守りつつ相手が打ちづらい高めのバック側に打つなど、凌ぐボールはできるだけコースを意識する

コメント 0 件

まだコメントはありません。

【硬式テニス】の練習メニューをランダムで表示します。 練習メニューに困ったときにおすすめ!

このメニューについて
作成者 suzuki
公開日2015年9月6日
更新日2016年5月23日