サッカーの練習メニュー 相手を抜かないでシュートする練習

相手を抜かないでシュートする練習

どんな練習メニュー?

ゴール近くで、抜くスペースがないような状況を想定して、相手を抜かずかわしてシュートを決めるための練習。

  • 1
    青側はオフェンス。手前側の2つのコーンの間でフェイントをかけ、シュートを決める。
  • 2
    黒側はディフェンス。奥側の2つのコーンの間でオフェンスのシュートを止める。直接相手のボールを取ることは出来ない。
  • 3
    赤色はキーパー

ゴール前での動きを想定しているため、一定の時間シュートが打てない時はディフェンスの勝ちとする。

ポイントとしては、躱しきらずにキックフェイントを使って空いた股の間を狙うなど、相手の動きを予測したシュートを意識すること。

※オフェンスとディフェンスの距離は、ギリギリボールが触れるか触れない位の距離になるようにする。
※ゴールをコーン等で代用し、キーパーをなしにしても実施可能。


コメント 0 件

まだコメントはありません。
このメニューについて
作成者 toshiaki_n
公開日2014年7月11日
更新日2015年4月29日