バスケットボールの練習メニュー パスを受けてからのシュートの練習

パスを受けてからのシュートの練習

どんな練習メニュー?

多人数向け。ゴール前へ移動しながらパスを受け取り、シュートを打つ。

①練習するうえで心がけること
パスを受けた後に、しっかり止まって素早くシュートを打つ。

②練習の目的
パスを受けてからのシュートの精度を上げる。

  • 1
    Aがフリースローライン辺りまで動く。
  • 2
    Bがそれに合わせて横パスを出す。
  • 3
    Aがそのパスを受けてシュートを打つ。
  • 4
    シュートを打った後、ボールを拾ってBの列に並ぶ。
  • 5
    次はBがフリースローライン辺りまで動いて、A2のパスを受けてシュートを打つ。
  • 6
    繰り返し。

コメント 0 件

まだコメントはありません。
このメニューについて
作成者 kazu
公開日2014年10月14日
更新日2015年5月4日